• 管理会社をお探しの方
  • 大規模修繕
  • 当社管理マンションにお住まいの方
  • 管理に係る重要事項調査依頼書発行について
  • mail
  • facebook
新型コロナウイルスに伴う対応について(2020年5月28日)

トピックストピックス

コロナウイルス感染拡大防止対策:ビニールパーテーション

2020年5月28日

緊急事態宣言が解除となりましたが、ウイッツでは引き続き、テレワーク、ソーシャルディスタンスを継続してまいります

現在、事務所内はスタッフ手作りのビニールパーテーションで仕切ってあり、出勤時はフリーデスクでスタッフ間の距離を保つように、コロナ感染症対策を意識して業務しております。

また、ウイッツ管理のマンションには次亜塩素酸水を設置させていただいております。

キャンペーン情報★エアコンクリーニング

2020年5月26日

緊急事態宣言が解除となりましたが、ウイッツでは引き続きソーシャルディスタンスを保ち、マスク着用・手指の消毒等を徹底して三密を避けた業務に取り組んでまいります。

毎年ご好評いただいている【エアコンクリーニング】のチラシ配布を開始しました。暑い時期は混み合いますので早めにご予約くださいませ!スッキリした夏を迎えるために【水回りクリーニング】も合わせて、ぜひキャンペーンをご利用ください♪【エアコン交換】もお気軽にご相談ください。

お問合せはフリーダイヤルでお気軽に♪
0120-58-9127 担当:長谷川
(受付:月~金 9時~18時)

広報誌「くらし応援マガジンWits」”コロナ対策臨時号”を発行しました

2020年5月21日

新型コロナウイルスに伴う弊社の取組みと身近な関連情報を含めまして、季刊誌である【くらし応援マガジンWits】臨時号を発行いたしました。今回は、相模原・町田関連記事の関係で関連地域の管理物件のマンション住民の方や関係者様へ配布いたします。

近日中にWEB版も掲載予定となっております。

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言延長発令後の追加処置について

2020年5月12日

新型コロナウイルスによる緊急事態宣⾔発令後の追加処置について(5月12日)

平素は弊社業務に多⼤なるご協⼒を賜り、衷⼼より御礼申し上げます。
さて、新型コロナウイルス感染症拡⼤防⽌に関わる緊急事態宣⾔発令を受け、4 ⽉ 7 ⽇、8 ⽇及び 4 ⽉ 14 ⽇に弊社における対応をお伝えしてまいりました。
現在、上記、対応に付加して以下の対応を実施しております。
この⼀連の対応によって、万が⼀当社社員に新型コロナウイルスに罹患するものが出た場合、社内に濃厚接触者(国⽴感染症研究所指針)がいない状況をつくります。 今後も当社社員及びその家族、取引先の皆様の健康、命を守る処置として、延いては感染拡⼤防⽌に於ける企業の社会的責任と⾃覚し、厳に継続して参ります。

【訪問記録の徹底】
当社社員が外出する際、移動時の連絡、訪問先、⾯談者の全てを遅滞なく報告し、訪問、接触の履歴を残します。
⾯談等の際にも、換気、マスクの着⽤、ソーシャルディスタンスに留意し、濃厚接触の定義に触れない形を作ります。

【接触感染防⽌の取組】
社内に於けるファイル等の共有によるスタッフの接触感染を避ける為、時間単位の定期的な⼿、指の消毒を事務所勤務者に義務付けました。

【会議室の使⽤制限】
会議は基本、パソコンの zoom、slack などのテレビ会議システムにて実施しております。どうしても⾯談が必要な際は本社、⽀店、営業所の会議室を利⽤します。会議室利⽤については通気、換気の徹底、使⽤時間の制限、ソーシャルディスタンス確保の為の⼈数制限を設け、「密閉」「密集」「密接」の三密状態を作らないルールを設けました。

【営業スタッフの事業所の入室利用制限】
社員番号で奇数・偶数に分け、午前のみまたは午後のみ入室可能としております。

【社⽤⾞の使⽤制限】
⾞両使⽤時の乗員制限を設けております。できるだけ1名で乗⾞。3名以上は禁⽌。2名乗⾞の際は、運転席の斜め後ろに座り、窓を対局で開放して通⾵。会話の際はマスク着⽤厳守としております。

【次亜塩素酸水の携行実施】
4月末より営業車の車内に次亜塩素酸水を設置いたしました。

以上

広報誌「くらし応援マガジンWits」”春号”を発行しました

2020年4月28日

コロナ対策に追われ、「くらし応援マガジンWits」春号を3/20に発行し、WEB版は本日公開いたしました。

内容は主にウイッツが管理させていただいているマンション住民の方へ配布しておりますが、誰もが読んでトクする内容となっており、今回は【高齢化時代特集】です。
■高齢化時代を明るく快適に!
■サービス付き高齢者向け住宅(取材・インタビュー)
■使いやすいトイレ・浴室のポイント
■肩こり・腰痛ストレッチ記事や、創作レシピもございます。

ぜひWEB版でご覧くださいませ。
https://www.wits-com.net/magazine/

紙面のPDFダウンロード🆗
https://www.wits-com.net/magazine/wp-content/uploads/sites/8/2020/04/200301kurashiouen.pdf

コロナウイルス感染拡大防止対策:ソーシャルディスタンス

2020年4月23日

現在ウイッツでは、コロナ対策として社内でのソーシャルディスタンス意識を高めています。

・出勤時はフリーデスクによりスタッフ間の距離をとる
・会議室使用時の椅子使用禁止による距離の確保と会議時間の制限。
・昼食時の飛沫拡散防止対策
・社用車使用時の感染拡大防止対策
また、各事業所内に配置する消毒用スプレーボトル不足のため、スタッフが自宅より空き容器を持ち寄り、こまめな消毒を徹底しています。

国立感染症研究所に於ける濃厚感染者定義の変更について4月20日、国立感染症研究所より以下の新たな定義が発表されました。

●「濃厚接触者」とは、「患者(確定例)」の感染可能期間に接触した者のうち、次の範囲に該当する者である。
・ 患者(確定例)と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者
・ 適切な感染防護無しに患者(確定例)を診察、看護若しくは介護していた者
・ 患者(確定例)の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者
・ その他:(発症二日前)手で触れることの出来る距離(目安として 1 メートル)で、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」と 15 分以上の接触があった者(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断する)。

この定義によれば、「弊社で現在、施行している対策を遵守できれば、仮に社内に罹患者が出ても社内に濃厚接触者はいない」という状況になります。
弊社では現在、政府要請の接触人員7割減以上。上記、濃厚接触者は出さない、取組を行っています。

お客様にはご不便おかけいたしますがご理解くださいますようお願い申し上げます。

コロナウイルス飛沫感染防止対策:アクリルパーテーションを設置しました。

2020年4月22日

コロナウイルス飛沫感染対策として、本店・西門オフィス、東京支店、ウイッツグループホールディングスの事務所受付にアクリルパーテーションを設置いたしました。
書類の受け渡しはアクリル板下の隙間から出来るようになっております。

アクリルパーテーションは翔工務店様(相模原市南区)に作っていただきました。
釘を1本も使わない作りに職人技を感じております。

株式会社翔工務店
http://sho-daiku.com/

ウイッツ西門プラザへご来訪の方へ

2020年4月20日

ウイッツ西門プラザには現在下記の事業所、施設、テナント様が入っております。

・株式会社ウイッツコミュニティ事務所(1F,3F,4F)
・にしもぐらホール(B1F)
・社会福祉法人ふたば愛育会 幼保連携型認定こども園 星ヶ丘二葉園 分園(2F)
・株式会社エフエムさがみ(4F)

現在、ご来訪の方に向けて以下のコロナ感染拡大防止対策をしておりますので、
ご理解ご協力のほどお願いいたします。

①現在エントランスの自動ドアを電源をオフにして常時換気をしております。
②エレベーターボタンに触れず綿棒をお使いくださいませ。
③弊社にお越しの場合には、受付に消毒液を設置しておりますので感染予防にご利用ください。

 

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言発令後の追加処置について

2020年4月14日

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言発令後の追加処置について(4月14日)

平素は弊社業務に多大なるご協力を賜り、衷心より御礼申し上げます。
さて、新型コロナウイルス感染症拡大防止に関わる緊急事態宣言が発令を受け、4月7日、8日に弊社における対応をお伝えしてまいりましたが、テレワーク始動後、想定と実際の業務遂行に隔たりがあり、一部の運用を変更ならびに追加の処置を行いましたのでご報告申し上げます。

【通勤に関して】(変更)
弊社スタッフに対し原則公共交通機関の利用は禁止。
ただし、業務上やむをえない場合には、上長の承認を得た上で時差出勤、並びに十分な防御処置をした上で出勤することを許可する場合がある。
【リモートワーク管理に関して】(追加)
営業職・事務職の移動時連絡はSNSを活用し、全社共有化。また行動エビデンスとして活用。スタッフ一人一人の接触履歴もエビデンスとして残します。これは、コロナ対策として社会的責任も果たす目的でもあります。
【各ブランチの対応について】(変更)
当初、東京支店1名・横浜営業所0名・西門オフィス(コールセンター業務兼務)6名で運用を開始いたしましたが、想定以上の入電があり、対応を以下に変更いたします。
※東京支店1名・横浜営業所0名・西門オフィス(コールセンター業務兼務)7名・ビル事業部1名・ホールディングス2名。合計11名のみ。政府が要請する7割の出勤者の在宅勤務に対し、弊社においては事業所勤務者合計96名、うち出勤は11名となり8割以上は出勤をしない形で勤務できる体制を組んでまいります。
【リモート会議について】(変更)
当初、9時、12時、15時、18時にリモート会議を行う処置を報告いたしましたが、実施した結果以下のとおり変更いたします
① それぞれ部門(部単位)ごとに9時・17時30分に朝礼・夕礼の実施。
② 13時30分から、各部門長と事務スタッフの「事務ミーティング」の実施。
③ 事務の共有ミーティングを全部門の事務責任者参加の上、毎月曜日15時よりリモート会議で実施
④ そのほかISOに定められる会議一覧はすべて、リモートにて実施
今後も引き続き、改めて変更、追加処置が発生した場合は速やかにご報告いたします。

以上

新型コロナウイルスによる緊急事態宣⾔発令時の対応について

2020年4月7日

新型コロナウイルスによる緊急事態宣⾔発令時の対応について(4月7日)

平素は弊社管理受託業務に多⼤なるご理解、ご協⼒を賜り御礼申し上げます。
さて、新型コロナウイルス感染症拡⼤防⽌に関わる緊急事態宣⾔が発令された今般、
お客様及び弊社社員の安全を最優先し、以下の対策を実施いたします。
お客様にはご不便をおかけすることもあるかとは存じますが、
上記の⽬的の元、ご理解、ご協⼒をお願い申し上げます。

【弊社の対応】
1.当社スタッフにつきまして
緊急事態宣⾔が発令された場合、各部署に於いて最低⼈数を残し、在宅勤務などの⽅策を執り出社を⾒合わせます。ご依頼事項などに関しましてお時間をいただく場合がござます。また、代表電話を転送し、在宅からの対応にあたる為、電話がつながりにくくなる可能性もある旨、ご了解ください。
2.管理員、清掃員につきまして
出勤の停⽌、或いは作業時間の短縮など⾏う場合があります。予めご承知おきください。
3.室内⽴ち⼊りを伴う作業について
雑排⽔管⾼圧洗浄などの室内⽴ち⼊りを伴う作業は、宣⾔発令中は⾒合させていただきます。
4.その他、点検作業等につきまして
専有部への⽴ち⼊りを伴わない作業は原則、実施いたします。しかしながら⼯期が複数⽇に渡るもの、
交通規制等により実施が困難な場合などは作業・⼯事を延期する場合がございます。
5.ビル管理業務に関して
各管理案件のオーナー、テナント様と協議の上、個別に対応させていただきます。
その他、総会、理事会など、緊急事態宣⾔発令中は極⼒延期していただけますようお願いいたします。
また、緊急宣⾔解除後に本件に関する以後の対応は協議させていただきます。

新型コロナウイルスによる緊急事態宣⾔発令時の対応について(4月7日 第2弾)

■社内における対応
・通勤⼿段が公共交通機関のみの者は出勤停⽌とする
・在宅勤務者の賃⾦は下げない
・在宅勤務者間でweb 会議システムを活⽤しお客様対応及び苦情要望連絡事項を共有する(定時ミーティング(9,12,15,18 時)を⾏いチームで情報共有)
・やむを得ず出勤しなければならない場合は、滞在時間を明確にした上で社⻑もしくは常務の承認を得ること

■社外への対応
・臨時の対応としてコールセンター機能を本社(⻄⾨オフィス)に集約し東京⽀店・横浜営業所を包括して応対にあたります。
・政府指針に従い必要最低限の⼈数として、現状の7 割以上減の⼈員を事務所に配置します(25 名→6名)。このため、電話がつながりにくい場合がありますがご了承下さるようお願い申し上げます。また、各種業務に対して顧客やテナントのご意向を確認中でありご要望には極⼒お応えさせて頂きますが、ご要望に沿えない場合はその都度ご相談させて頂けたら幸いでございます。なお、今般の緊急事態宣⾔における追加措置が発⽣した場合は速やかに対処します。

 

新型コロナウイルスによる緊急事態宣⾔発令時の対応について(4月8日 追加報告)

平素から弊社に多⼤なるご理解、ご協⼒を賜り御礼申し上げます。
さて、新型コロナウイルス感染症拡⼤防⽌に関わる対応につきましては、
4⽉7⽇に弊社の対応についてご案内申し上げましたが、本⽇、さらに追加の処置を決定いたしましたのでご案内申し上げます。
お客様にはご不便をおかけすることもあるかとは存じますが、ご理解、ご協⼒をお願い申し上げます。

【追加の対応について】
以下の処置を追加として実施いたします。
①各ブランチにおいては最低⼈数(東京⽀店1名・横浜営業所0名・本店1名・⻄⾨オフィス6名)を残し、原則、テレワーク(在宅勤務)を実施いたします。
②在宅勤務者においても休業扱いとはしない形で、雇⽤を守ります。また、勤務時間帯において、定時的にミーティングを実施し、業務に極⼒⽀障が起きないよう、対応に努めます(9時・12時・15時・18時)
③上記の対応によってご依頼事項などに関しましてお時間を頂戴する場合が起こり得ると思いますが、何卒、ご理解のほどお願い申し上げます。
④代表電話におきましては、転送処置をとるとともに、臨時に⻄⾨オフィスにコールセンター機能を設け、東京、横浜それぞれのブランチの電話を集中的に対応いたします。
⑤その際の⼈員につきましては、上記①でご説明した通り、6名で対応いたしますが、平時は25名が勤務する事務スペースにおいて実施をすることで、政府から要請のある7〜8割程度の⼈との接触を避けるとともにパーソナルスペースを⼗分に確保し、また、換気、通気、マスクの義務付けなど、最⼤限の注意を払い業務にあたります。
⑥通勤⼿段が公共交通機関しかない者は通勤禁⽌とし、同様に在宅勤務を命じます。
⑦やむを得ず出勤する場合は事前に経営陣のいずれかに承認を得たうえで、滞留予定時間、通勤⼿法、朝の検温結果を報告の上、実施をする事といたします。
⑧また、各種業務に対してお客様やテナントのご意向を確認中でありご要望には極⼒お応えさせて頂きますが、ご要望に沿えない場合はその都度ご相談させて頂けたら幸いでございます。

【その他】
なお、今般の緊急事態宣⾔における追加措置が発⽣した場合は速やかにご報告いたします。

以上

Copyright © Wits-Community Co., Ltd.
All Rights Reserved.
page top