• 管理会社をお探しの方
  • 大規模修繕
  • 当社管理マンションにお住まいの方
  • 管理に係る重要事項調査依頼書発行について
  • mail
  • facebook
新型コロナウイルスに伴う対応について(2020年7月2日)

トピックストピックス

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言解除後の追加処置について

2020年6月16日

新型コロナウイルスによる緊急事態宣⾔発令後の追加処置について(6月16日)

平素は弊社業務に多⼤なるご協⼒を賜り、衷⼼より御礼申し上げます。
新型コロナウイルス感染症拡⼤防⽌に関わる緊急事態宣⾔発令を受け、4 ⽉ 7、8、14日、5 ⽉ 12 ⽇に弊社における対応をお伝えしてまいりました。 緊急事態宣言解除となりましが、上記対応の想定と実際の業務遂行に隔たりがあり、一部の運用を変更ならびに追加の処置を行いましたのでご報告申し上げます。
この⼀連の対応によって、万が⼀、新型コロナウイルスに罹患するスタッフが出た場合、社内に濃厚接触者(国⽴感染症研究所指針)が居ない状況をつくります。 今後もスタッフ及びその家族、取引先の皆様の健康、命を守る処置として、感染拡⼤防⽌に於ける企業の社会的責任と⾃覚し、厳に継続して参ります。

【通勤に関して】(追加処置あり)
弊社スタッフに対し原則公共交通機関の利用は禁止。
ただし、業務上やむをえない場合には、上長の承認を得た上で時差出勤、並びに十分な防御処置をした上で出勤することを許可する場合がある。
出勤スタッフのマイカー通勤許可、公共交通機関の利用は時差出勤で調整。

【リモートワーク管理に関して】(変更なし)
営業職・事務職の移動時連絡はSNSを活用し、全社共有化。また行動エビデンスとして活用。スタッフ一人一人の接触履歴もエビデンスとして残します。これは、コロナ対策として社会的責任も果たす目的でもあります。

【各ブランチの対応について】(変更なし)
当初、東京支店1名・横浜営業所0名・西門オフィス(コールセンター業務兼務)6名で運用を開始いたしましたが、想定以上の入電があり、対応を以下に変更いたします。
※東京支店1名・横浜営業所0名・西門オフィス(コールセンター業務兼務)7名・ビル事業部1名・ホールディングス2名。合計11名のみ。政府が要請する7割の出勤者の在宅勤務に対し、弊社においては事業所勤務者合計96名、うち出勤は11名となり8割以上は出勤をしない形で勤務できる体制を組んでまいります。

【リモート会議について】(変更なし)
① それぞれ部門(部単位)ごとに9時・17時30分に朝礼・夕礼の実施。
② 13時30分から、各部門長と事務スタッフの「事務ミーティング」の実施。
③ 事務の共有ミーティングを全部門の事務責任者参加の上、毎月曜日15時よりリモート会議で実施
④ そのほかISOに定められる会議一覧はすべて、リモートにて実施
今後も引き続き、改めて変更、追加処置が発生した場合は速やかにご報告いたします。

【外出時のコロナ対策に関する取り組み】(変更なし)
当社社員が外出する際、移動時の連絡、訪問先、⾯談者の全てを遅滞なく報告し、訪問、接触の履歴を残します。⾯談等の際にも、換気、マスクの着⽤、ソーシャルディスタンスに留意し、濃厚接触の定義に触れない形を作ります。

【事業所のコロナ対策に関する取り組み】(変更なし)
事業所内は常に換気し、各デスクに次亜塩素酸水の設置し、ビニールパーテーション、衝立、フリーデスクにて社員間の距離を保ちます。

【接触感染防⽌の取組】(追加処置あり)
社内に於けるファイル等の共有によるスタッフの接触感染を避ける為、時間単位の定期的な⼿、指の消毒を事務所勤務者に義務付けました。
事業所内の接触感染予防策として、非接触スイッチへの交換、非接触ドアノブへの交換を進めています。

【会議室の使⽤制限】(変更なし)
会議は基本、パソコンの slack などのテレビ会議システムにて実施しております。
どうしても⾯談が必要な際は本社、⽀店、営業所の会議室を利⽤します。
会議室利⽤については通気、換気の徹底、使⽤時間の制限、ソーシャルディスタンス確保の為の⼈数制限を設けました。

【営業スタッフの事業所の入室利用制限】(変更なし)
社員番号で奇数・偶数に分け、午前のみまたは午後のみ入室可能としております。

【社⽤⾞の使⽤制限】(変更なし)
⾞両使⽤時の乗員制限を設けております。できるだけ1名で乗⾞。3名以上は禁⽌。2名乗⾞の際は、運転席の斜め後ろに座り、窓を対局で開放して通⾵。会話の際はマスク着⽤厳守としております。

【次亜塩素酸水の携行実施】(追加処置あり)
4月末より営業車の車内に次亜塩素酸水を設置いたしました。
弊社管理物件に次亜塩素酸水を設置いたしました。

【相模原市へのマスクの寄贈】(追加報告)
医療従事者の皆様に感謝の意を込めて、現場で活用いただけるよう相模原市にマスク1万枚を寄贈しました。高齢者並びに高齢者サービスたる介護事業等へ従事する方々に進呈したい旨をお伝えました。寄贈式には本村市長隠田副市長らにもご出席いただき、有効にご活用くださるとのお言葉も頂戴できました。

以上

Copyright © Wits-Community Co., Ltd.
All Rights Reserved.
page top